九鼎大呂

【四字熟語-読み】
(きゅうていたいりょ)

【四字熟語-意味】
貴重な物や重要な地位や名声などのたとえ。

【四字熟語-解説】
「九鼎」は夏王朝の開祖禹王が九つの州(中国全土)から
献上させた銅で作った鼎。
「大呂」は周王朝の大廟に供えた大きな鐘のこと。
ともにこのうえなく貴重なもののたとえ。

■出典:『史記』平原君伝

■英訳:
■類義語:
■対義語: